修行さん感 旧館

2005年 05月 08日 ( 3 )

妄想科学世界

全員がGMのRPG。例えばこんな具合で。
※とりあえずルールはトーキョーN◎VAにします。考え易いので。

・全員がキャストを決める。
・全員が参加キャストに合わせたシナリオを考える。
・舞台はとあるバー。それぞれが交互に話を進める。
・結末?全員RLなら、なんとか着地くらいさせられるだろ(無責任)。

トーキョーN◎VA the Detonation 『千夜一夜物語』
「なるほど、良い話じゃねぇか。だがな、俺の話も、これからが佳境なのさ。」
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-08 23:07 | RPG

宇宙猿

3匹の猿が、持て余した時間に木の葉を丸めて、お互い投げ始める。

というわけで待ちに待った『空想科学三人芝居 宇宙猿』です。
実は他の用事如何によっては大宇宙オフへの参加を断念してでも行く気満々だったこの芝居。
タノシーィ!
猿芝居と三人芝居の2つの絡みがストーリーに深みを増すと言うか。一見無意味に見えるシーンの欠片がエンディングにかけて収束して行く様がステキすぎます。あぁ、SFって良いねぇ。
何よりも3人のパワフリャァな汗だく芝居に惚れまくりですた。

終了後シャトナー氏を迎えて座談会。
興味惹かれたトピックは以下。脚本を3人に提供した西田シャトナーさんの台詞です。
「演出家があるのが演劇の常識みたいになってるけど、いっそそんな常識を破壊するようなものを作って欲しくて今回の脚本を書いた」
なるほどいいことを言う。
俺のバヤイは演劇はほとんどシロート同然なわけですが、ことTRPGに関しては全く同じことを考えておりまして。
TRPGにおいては基本的にGMが脚本・監督・演出指揮を担当し、PLが各キャストの演出と演技を行う。観客は全員。というのが俺が感じる大概のケース。ただしそれは明確に定義されているわけでも無いし、気にしなくてもTRPGは遊べます。
「GMが要らないセッションがあってもいいのではないか?」「全員がGMのシナリオがあってもいいのではないか?」
とか色々思うんですよ。
勿論、条件は参加者全員が楽しむことですけれどね。卓に座った全員を楽しませる手段を、いろいろ考えてみたいと思いました。

うおっ!いつの間にか話題が宇宙猿じゃなくなっている!
とりあえず7月には大阪行ってゴールドバンバンとグーグームーチョを観にいこう。
スゲェ出費になりそうだぜ・・・へへへ。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-08 22:56 | 戯言

熱闘!!飛龍小学校☆パワード

熊ちょんから頂いたDVDを本日見まして。
惑星ピスタチオの芝居、タイトルは『熱闘!!飛龍小学校☆パワード
ざっくり説明すると個性豊かな探偵・噂屋、番長が闊歩し、多くの神秘的な謎を秘めた飛龍小学校という小学校を舞台にした楽しくも悲壮感溢れる熱血少年芝居です。
なんだろう、このツッコミポイント満載の解説は。

感想。
すげぇ!おもしれぇ!これが惑星ピスタチオか!
俺的には『破壊ランナー』より好きかもしれない。テクスチャはおかしいがストーリーが面白い。格好よすぎる!
特にオープニングとエンディングが秀逸。ストーリーもこれまで見たピスタチオ作品より個人的に好きです。
さすがだぜシャトナーさん。さすがだぜ惑星ピスタチオ!

相変わらず小道具はなく、パワーマイム全開で進む、強引ながらも愉快極まるスピード感溢れる芝居が観ていて本当に心地よい。
『芝居はやっぱり実際に観てなんぼだから』とはいえVTRで観てもここまで見るものを引き込むパワーは正直凄いと思いましたね。
真面目口(役者:腹筋善之介)VS忍者・不知火(役者:腹筋善之介)とか、正直ありえない(笑)。一人二役もここまで来るともはや笑うしかない(勿論良い意味で)。
「やるだろうなぁ」とは思ってましたが、10分近く一人でタイマン勝負をする様はどういう賞賛を浴びせていいものやら(笑)
宇田さんが出なかったのがちょっと残念でしたね。

実は今日宇宙猿も見に行ったんですが、あまりに感動したのでとりあえず今日のトピックは『飛龍小学校』で。
いやー。大宇宙の前に見なくて正解だったわぁ(笑)
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-08 21:38 | 雑記


TRPG好きの兼業イラストレーターがいろいろ書き連ねるブログです。生きてるって素晴らしい。素晴らしさを実感するためにご飯を食べよう。もりもり。ああおいしい。
検索
ひみつのいりぐち
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧