修行さん感 旧館

<   2005年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

苦行さん

朝っぱらからREIGN IN BLOOD
心和むなぁ。
アハハハ
アハハ

イヒ。


モウヤダ、こんな生活。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-31 04:33 | RPG

がつ大好きウィスキー

最近読んだ本。
『もしぼくらの言葉がウィスキーであったなら』
村上春樹著の旅行記です。

村上さんの、ウィスキーをテーマにしたアイラ島・アイルランド巡礼の旅を綴ったエッセイ。
いやもうめっちゃいいです。すげーウィスキー飲みたくなります。すげー旅行したくなります。もともとウィスキー好きなんで読んでみたんですが、これはウィスキー飲まない人やそもそも酒を飲まない人にも(むしろ)オススメしたい逸品ですね。さっくり読めるし。
体質的に酒を飲めない人は悶絶するかもしれないので読まない方が良いかもしれません。
いやー。いい本やわー。

俺はアイリッシュウィスキーが好きなんですが、なんでか?と考えてみました。
素朴ながらに力強い大地の味がするから?いや、そうなんですけど、そもそもの切欠もまた本だったように思います。
左近君に薦められた『マティーニに懺悔を』という小説にベンソン神父という人物がいるのですが、彼はアイルランド出身の神父でありながら赤ワインよりブッシュミルズを好み、裏拳で暴漢を吹き飛ばすほどの荒ぶり神父なのでございます(うろ覚え)。彼に感化されて、アイリッシュ飲むようになって、結局好きになった感が強いっスかね。
小説の内容としては、酒をテーマにした短編バトル小説集です。気になる方はどうぞ。

良い入門酒本としましては漫画『BARレモンハート』ですかね。小話と一緒に酒を紹介してくれるので、ストーリーと共に酒を覚えていける。あとは飲んでそのストーリーを反芻するだけ。入門書としてはそこいらの酒図鑑よりもよっぽど良い漫画です。是非お試しあれ。

これら本の導きにより、俺は酒を楽しむ趣味を身につけ、今に至るんであろうと思いますね。
色々飲んだ結果、俺の好きな酒は
ギネス(スタウト)
ビーフィーター(ジン)
ブッシュミルズ(アイリッシュ・ウィスキー)
メーカーズマーク(バーボン・ウィスキー)

てなとこすかね。やはりそれぞれに思い入れのある酒ばかりです。
あとこれら酒の好きな点は、安いこと。金の無い学生時代は「高い酒は美味くて当然、安くて美味い酒こそが良い酒だ」と自分に言い聞かせておりましたゆえ。これはレモンハートのマスターの「良いワイン選びのポイント」なんですけどね。
ま、甘過ぎなければ大概の酒は好きです。
逆にあまりカクテルにはハマらなかったなぁ。BARとかでもついついウィスキーを飲んでしまう。
せっかくバーテンさんがいるのにねぇ。

とりあえず俺にしては珍しく海外旅行がしたくなりました。
アイルランド行きてぇー。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-29 18:40 | 雑記

アヤカシネタ

世間ではアヤカシSSSが出たらしいっすね。話を聞く限り前後編の関係が実に楽しそう。
いつできるか知らんけど、楽しみにしておきましょう。

実は俺はまだアヤカシキャストを持っていません。
必要がなかった、ってのもあるんですけど。
これを機会にアヤカシ妄想開始。

"歩く妖蛆(The Worm That Walk)"スメルジャコフ 
 アヤカシ◎ バサラ● ヒルコ 年齢不詳 男性

「愚者、化物。何とでも呼ぶがいいさ。
 真理の代価としての肉体なぞ、安いものだ。」
真理を追究し続ける魔術師。黒魔術を専攻とし、その研究レベルはかなりの高域に到達した。
しかし昇り続ける階段に終わりはなかった。彼の求める真理に到達する以前に、彼の肉体は寿命を迎え、崩壊する。
時間を繋ぐ。彼は、彼の骸を貪る蛆を支配する。死肉に群がる無数の蛆虫が、人の姿を為す。研鑽を重ねた外法が、世にもおぞましい化物をニューロエイジに生み出した。
"歩く妖蛆"。術式の真理を追究する者。
彼の時、彼の道、彼の狂気は、まだ終わらない。

ぶっちゃけて元ネタはクトゥルフです。スゲェカッコイイのでまんまパクってみた。
外見はローブ姿でフードを目深に被り、顔には仮面、手袋着用、魔術師の杖、って感じかな。
われながらアヤカシらしいアヤカシが出来た気分。とはいえ間違っても平然と表通りは歩けないので、参加前に配慮は必要ですな。
取る特技は<※元力:生物>、装備としては増幅杖とレギオンが欲しいね。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-28 17:27 | RPG

うまいぞ、そうやってタマを転がすんだ。

なんか最近無闇にボーリングの機会が多いです。
今月でもう3回よ?
ボーリングはカラオケほど好きでは無いですが嫌いと言うほどでもなく。誰がやってもほどほどに楽しめるのが社会人に人気な理由ですかね。

さてさてようやくコツをつかみまして。まっすぐ投げられるようになりました。
6割くらいスペア取れるようになったんで、スコアも伸び盛りであります。
上手くなっている最中が一番楽しいってね。
次はカーブとか覚えたいねー。

そこで提案。
『地獄ボーリング合宿~王子スタンダード~』
対象人数:4人
時間:6~7時間くらい?
・参加者各自トーキョーN◎VAで遊びたいキャストを提示。
・ボーリングを2ゲーム遊ぶ。
・2ゲーム合計で負けた人が他の参加者が提示したキャストを想定したシナリオを30分で作成、アクト開始。

とかどうか。
ボーリングもN◎VAも上手くなる、ステキな地獄トレーニングです。
思考が根本的にRPGに侵食されているのはいつものことです。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-26 23:57

ミキさんとミニさん

職場のディズニーヲタクに感化されて『MOSH PIT on Disney』などを聴いてみました。

うはっ。
オモシレー!

どこかで聴いたことあるメロディがハイテンションなロック調にアレンジされてて。
なんか笑える。いや、笑えるんだって。
ミッキーマウスマーチとか思わずデスボイス乗せたくなるようなテンション。
ハイパージョイで歌えるらしいんで、今度試してみよう(笑)

とはいえ大半は知らない曲だったんで、オリジナルも押さえておきたいねぇ。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-24 21:04 | 雑記

今更ながらに

GWその①

GWその②

を更新いたしました。
いやー。やっぱり気合入れてポイント絞って遊ぶと記憶が鮮明だね。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-22 22:47 | 雑記

もうこんなにネバネバじゃねぇか?

納豆を混ぜる棒。


解説:スゲェマニアックな器具ですね。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-22 11:31 | 雑記

テッドの迷宮

ウィザードリィ外伝~戦闘の監獄~にて、待望の追加シナリオが配信されたんです。
早速ワクワクしてDL。どんなんかなー。

テッドの迷宮

追加シナリオ「テッドの迷宮」は、迷宮に入るパーティが制限されています。
・全員がレベル1のパーティのみ
・アイテムは持っていけません



マジすか。

なんか風来のシレンとか髣髴とさせるような素敵な仕様でございます。
N◎VA風に言えば
「達成値上限21、新キャスト作ってもってこい。あぁ、経験点の持ち込みは不可だ。」
てな風味でしょうか。なんてこった
一瞬呆然としましたが、とあるアイテムの効果によってキャラクターを1レベルには出来るので、今のキャラクターを継続して使うことはできます。
再びあのドキドキ感を味わうことの出来るきっかけとしては素晴らしいのではないでしょうか。
あとは、踏ん切り、ですな。
さらば、俺のレベルアップの日々よ・・・
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-21 18:45 | 雑記

おかしい。

飲み始めたのは6時半だったはずだ。

1次会が終わって新宿に移動したのも覚えている。


まぁいい、ホップをくれたまえ。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-20 01:50 | 雑記

イメージの毒薬

昨日ははたくんと『奴婢訓』を観に行きました寺山修司脚本の芝居でございます。
何の事前知識もなく観に行ったんですが、スゲェ衝撃でしたね。正に『イメージの毒薬』、洗練された演出と演技が舞台上に悪夢を描き出します。映画や芝居を観に行くよりも美術館に行く感覚のが近かったですね。主人不在の館内で奴婢達が代わる代わる主人となり、混沌を生み出しいく様が不気味で滑稽に描かれておりました。
いやー。良いもん観れたなあ。俺の中に新たなるサムシングが注入された気分です。もう一度観たいっスね。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-18 08:26 | 戯言


TRPG好きの兼業イラストレーターがいろいろ書き連ねるブログです。生きてるって素晴らしい。素晴らしさを実感するためにご飯を食べよう。もりもり。ああおいしい。
検索
ひみつのいりぐち
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧