修行さん感 旧館

カテゴリ:くいだおれ日誌( 57 )

酒と煙草と熱唱と

もるとや

池袋の街中に組み込まれたような別空間、決して広くはない店内に暖色系の灯。洒落過ぎもせず、崩れ過ぎもしない。バックバーには笑えるほどにモルトウィスキーばかりがずらりと並ぶ。ウィスキーを飲むために最適化された領域と呼ぶに相応しい店だ。

美味い酒を飲むには空間が重要だ。

やはりバーは良い。知識が無くてもバーテンという名の辞書がある。必要なのは酒を味わう舌と酒を求める自然な心、そして金。ただそれだけでいい。

時間を忘れ終電を逃し、召喚魔法を使って徹カラに向かった俺はきっと格好良い。
[PR]
by syugyou003 | 2005-11-04 23:51 | くいだおれ日誌

八皇玉音四十八法『紗袈』

修行です・・・
飲みの予定が突然キャンセルになりましたとです・・・
修行です・・・
修行です・・・


はてさて。帽子屋のトコから酒バトンなるものが飛んできたのですごい勢いで打ち返すぜ!
バッチコーイ!

○今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?
冷蔵庫なんて贅沢なモンはねーよ!喧嘩売ってんのか、あー?!

○好きな銘柄は?
▼ギネス(ビール)
 とにかく好きやねん。納豆臭い風味が。

○最近最後に飲んだ店は?
渋谷のロックバー。名前忘れた。雰囲気は良かったけどコンセプトは微妙。
それよりも店前の如何わしい客引きのオッサンが受けた。
オッサン「そうそう。遊ぶのもいいよね、うん、いこういこう。」
ネガティブかつアクティブな客引き。
引けてねぇ。

○よく飲む、もしくは思い入れのある5杯
▼いいちこ(焼酎)
 下町のナポレオン。安い割にわりと美味い貧乏学生にとって神のような酒。
 大学時代、本当に世話になった。いいちこを笑う奴は俺がおしおきしてやる!
▼シーバスリーガル12年
 俺的ウィスキー入門編。コイツを飲んで以降ウィスキー好きになった気がする。
 第一印象って大事。
▼ボンベイサファイア
 俺的ジン入門編。コレ飲むまではジンなんざヘアトニックの化合物くらいにしか思えなかった。
 慣れた今となってはビーフィーターのが好きですけどね。
▼ブッシュミルズ
 怒りのアイリッシュウィスキー。
 コレが無ければがつハンターの完成はなかったに違いない・・・・・・(遠い目)
▼ビール
 銘柄とかどうでもいい。豊富にホップを含んだ液体はこれからも人々を癒していきたい。
 コレがキングオブ酒。俺の任務飲むだけ。

○次にまわす5人
まわせまわせー。あとがつかえてんだー。
5回マワって25発。
①左近
②国産/松
③闇司
④GG
⑤うーたん

よろりん。
[PR]
by syugyou003 | 2005-09-16 22:36 | くいだおれ日誌

酒飲さん

カタカナで読むとシュインさん。

はてさて、世間は火曜日になりましたが今更週末の記。

日曜朝。左近君より入電。
「本日拙者、関東にてツモって候。」
二度寝の後合戦に赴く。

つまりはこういうことだ。

左近「 ̄」 修行さん「|」  左近&修行さん『「T」』

その様子たるやゲッターロボの如し。
今週もついてこれない読者がたくさんでそうだ。


さて今回荒ぶった面子。
左近君
 来る途中タイ人と間違われた名古屋在住の武道家。
 会話が日本語になってない具合は俺と同じくらい。
UN子さん(仮名)
 排泄物をこよなく愛するステキっ子(多分)。ハンドル微妙に未知のため仮名。
 我ながら最低のハンドルセンスだな!ばれたら殺されるな!
ラフィン太郎さん
 つもから生まれたつも太郎とかに類似。いロンな意味で伝説の人。
 ツモロンクエストをよく展開する。多分今8作目くらい
修行さん
 ダンディかつクールで魅惑的な夜のスプラッシュマウンテン。
 好きなギャグはぞうきん先生。

雨降る中を飲んだり駄弁ったり歌ったりして過ごす等、何も無いようでカオシックな何かが渦巻く時を過ごす。
良い休日だった。
翌日は風邪とも2日酔いともわからぬ寒気と頭痛に悩まされるもどうやら後者だったらしい。

左近「 ̄」 修行さん「|」  左近&修行さん『「T」』
[PR]
by syugyou003 | 2005-09-13 22:16 | くいだおれ日誌

関西観劇ツアーダイジェスト

タダイマ。
とりあえず3連休中の行動をダイジェストでざっくりと。

【1日目】
①大阪入り。ガンツムたんと熊ちゃん、悪童師匠、加納ちゃんと合流し、昼飯。串カツとギネスビールでおなか一杯。串カツ超ウメー。キハチのアイスクリームで至福の一時。
②GG、山田力蔵さんと合流し悪童師匠と別れ観劇会場へ。
③ゴールドバンバン観賞。すごすぎる。カワカッコエロイ。
④グーグームーチョ観賞。ねっとりエロイ。
⑤うどん屋(名前忘れ)でかすうどんを食す。かすうどん超ウメー。てゆうか他のみんなの食ってたメニューもうまそうだ。またいきたい。ここで加納ちゃんと別れる。
⑥風呂でまったり後、芝居ビデオなんぞ観る。『轟天VS渚カオル』。修行さんに入れてはいけないスイッチが入った気がする。
【2日目】
①今日はTRPGの日。卓分け様相は以下の通り。
『SHADOW FESTA =The END OF THE WORLD=』
RL:修行さん
1枠:加納
2枠:パパ
3枠:熊ちょん
4枠:GG
『カジノロワイヤル - is too much for ONE J.B』
RL:早城さん
1枠:山田力蔵
2枠:紅河
4枠:ガンツム
(以上敬称略)
②『SHADOW FESTA=The END OF THE WORLD=』で存分に荒ぶる。超オモシレー。
③夕食は鉄板鍋きのした。肉と野菜とうどんと雑炊を格安でモリモリ食える良店。超ウメー。
④木の下での会話は存分にエロかった。記憶がある。
⑤風呂でさっぱりした後サタスペ。メンツ熊ちょんDDでPLがガンツムたんと俺。前日の観劇と芝居ビデオによって注入された何かが存分に化学変化を起こし、爆発的に開放される。腹がよじれるほどの大爆笑でセッションが中断したのは久しぶり。サタスペ超オモシレー。
【3日目】
①激しく寝坊。かませいツアーを諦め、GG家近くの洋食屋に行くことに。メンツはGG、加納ちゃん、紅河君、俺さん。お世話になった熊ちょんの家に感謝。
②朝飯兼昼飯として。洋食屋「あう゛ぃにょん」。カツレツ+ハヤシライス的な何かを食す。ついでに加納やGGが食ってたオムライスやカレーを軽く横からつまませてもらう。安さの割にレベルたっけぇ!超絶満足。次は別メニュー食いてぇなぁ。洋食超ウメー。
③昼のフリータイムで存分に熱唱。統一感の欠片も無い曲目がサイコウにクールって奴だぜ。カラオケ好き大人数で行くカラオケはやっぱ楽しいなぁ。超タノシー。
④その後夕食として「四国」にてうどん。おろしぶっかけ超ウメー。お見送りに参集してくれた皆様に感謝感激でございます。
⑤その後新幹線で帰宅。指定席が全部埋まっててビビッた。

以上、超充実の3日間でした。大満足!
後日、気が向いたらば細かいレポート上げるかもしれません。
特に観劇とサタスペについては、遺さねばならんような使命感に襲われる自分がいるわけでゴザイマスよ。
ホントすごかったンだからぁ!
[PR]
by syugyou003 | 2005-07-18 23:42 | くいだおれ日誌

撃沈

カラオケ歌いたいゲージがマックスに近くなっていたので、買い物がてらカラオケです。
課題曲
「未来」⇒撃沈

 駄目だ。全然聴き込みが足りてない。歴代ミスチルん中でも屈指の難しさだなぁ。
 ま、あと2・3回歌いゃ慣れるやろ。
「ランニングハイ」⇒まずまず
 メロディラインがしっかりしているのでまぁ様にはなってるかな。
 あとは歌い方に注意だなぁ。
「三十路ボンバイエ」⇒まずまず
 相変わらずリョーさんパートがムズイなぁ。
 鍛えれば一人でも全然歌えるレベルなのでしっかり練習しとこ。

そして今日の昼飯は新宿高島屋にありますかつくら
昼飯から豪勢に特上ロースかつ膳なぞを食います。
MNOは自分に使える金だけはあるんだぜ、ざまーみやがれ(不特定多数のMOどもに向かって)。

(著者注: MNO⇒モテナイオトコ MO⇒モテルオトコ)

感想。めっちゃうめー!
柔らかく旨みに富んだ肉を嫌味が無くカルい衣で包んだらそこに至上の幸福が拡がるわけだよ日本語になってないけどニュアンスで理解しやがれコンチクショウメ。
お変わり自由の麦飯や赤出汁の味噌汁なんかも手抜きが無くて実においしゅうございました。
とはいえ1850円してるので値段相応ってのが感想。
リッチにとんかつ食いたい人向けっすかね。
「これは!」ってサプライズは無いっスけど堅く相応に満足させてくれる良店でした。

あ、休日の昼時はめっちゃ混んでるので注意した方がいいです。
[PR]
by syugyou003 | 2005-07-10 20:30 | くいだおれ日誌

夢民

サンバルカンのバルパンサーがなぜか好きで、以降戦隊モノはイエローが好きな修行さんですが、そんな修行さんがカレー好きになるのは自然の理に近しいナニかなわけでございまして。
今日もカレーです。

さて今日の店は『インド式カレー 夢民
高田馬場のカレーやさんです。
が、ぶっちゃけて遠いです。今日の気温ではかなりしんどかったですね。
場所が場所だけに、結構空いてました。

頼んだのはポパイカレー。具材はトマト、タマゴ、ほうれん草です。これだけでかなり異色っスね。
おっ、これは・・・
ルーはさらさらしたスープ風。甘みは強くないけど、インドカレーーぽくスパイスが自己主張しまくっている風でもない。なるほど。
ルーの役割は具材を活かすことにあるように思えます。
そのため、トマトの酸味、ほうれん草やタマゴの旨みがダイレクトに生きてきます。
最初あまりの予想外の味にとまどいましたが、なるほど、これは美味い。ライスにまぶされたレーズンの甘みがこれまたいいアクセントになります。
いい意味で期待を裏切ってくれたと言うか新しい発見をくれたというか。30年前からあるはずなのにこれは新しい味です。
次は別メニューにチャレンジしてみたいっスね。

問題はとにかく遠いこと。最寄り駅が高田馬場とはいえ、そこから1キロくらいありますんで。
まぁ今日ほど暑くなければそれほど苦にはならないかもしれませんが。
チャリがあればなぁ。

あと、隣に座ってた家族連れ(父親と思われる男:40項半くらい 息子と思われる少年:8歳くらい)の会話。
ムスコ「なんか変わったカレーだね。からいよ」
父親「これはね、お母さん学生時代にすごく好きだったカレーなんだ。ずっと通い続けててね。もう10年以上も前の話になるかな。」
会話を聞いてるおかみさんとおやっさん(多分60歳くらい?)の笑顔が印象的でした。

いい店です。
[PR]
by syugyou003 | 2005-06-25 20:29 | くいだおれ日誌

今日のラーメン

なんか週末にラーメン食うのが日課になってますね。

さて今日のお店は風来居
他のラーメン屋行こうとしてふらふらしてたらなんとなく発見してしまったので入ってみることに。

塩ラーメン食ったんですが、ぶっちゃけた感想を言えば山頭火だなぁ、といった感じ。
要するに美味いです。ミルクのようにまろやかな塩味が独特で、歯切れの良いちぢれ麺とうまく絡み合う。油は少なく無いですがくどすぎる印象なく、あっさり食べられます。実際山頭火系列の店なのでわかる人には「よく似た味」といえば大体わかるかな。
最近山頭火あまり行ってないのもあるんですが、飛びぬけて違う、という点は感じられなかったかな。
山頭火知らない人にはかなり新鮮な味に映ると思うので、一度食べてみると良いかと思いますよ。好みにも拠りますけどね。まだ塩しか食って無いですが、とりあえず塩なら外れないと思います。

日曜以外の昼間しかやって無いそうなので注意してください。都心からはずれたトコにあるので、なんか穴場店的な雰囲気もちょっと好きです。
店の中は狭いけど、店員さんの態度はとても良かったっスね。気も利くし。
また行きたくなる良店でした。
[PR]
by syugyou003 | 2005-03-26 23:32 | くいだおれ日誌

馬場麺紀行

高田馬場といえば早稲田大学生が数多く生息する学生街でありますが、だからなのかどうかはよくわかりませんがラーメン屋が数多く存在します。
今日はそんなラーメン屋の中の一軒をご紹介。

千代作
おそらく俺が高田馬場に住まうことになって最も足を運んだラーメン屋であります。俺の知る限りで東京ではめずらしい横浜家系ラーメンが食える店です。
さて気に入っている理由は3つありまして、
・近い
・早い
・美味い
ということからことあるごとに足を運ぶのであります。

まずは近さ。巣から歩いて1~2分もすれば辿り着けます。これは俺の主観による近さですが、高田馬場駅からも歩いて5分ほど歩けば辿り着くと思います。
途中さかえ通りというキャバクラ通りを通って行くので、5分で済まない人はもう知りません。

次に早さ。ピーク時をはずせば並ぶことも無く、すぐに座れます。
昔はいつ行っても空いてたんですが、最近は本当に客が増えてきて時間が悪いと店の外に並ぶ羽目になるかもしれません。なにぶん店主と奥さん、バイトさんの3人しかいない(うち麺を茹でるのはほとんど店主しかしません)ので多くの客を捌くのははたから見ていて大変そうであります。いい店なんでファンとして繁盛するのはうれしいんですが。
横浜家系ラーメンといえば吉村家ですが、この店、いつ行っても混んでるんですよね。また家系ラーメンの常として、日によって味のばらつきが激しいので長く待った割にハズレる、と言うことはしょっちゅうです。だからあんまり食べなかったんですが、千代作の早さなら文句無いですわ。

そして美味さ。
かつて横浜の寿々木家でその味に感動して以来俺は家系ラーメンスキーになったわけでありますが、歩いて1分で家系ラーメンが食える環境になるとは思ってもいなかったわけでありまして、感動のあまりことあるごとに食いに行っている次第であります。
もう他の家系の店の味はほとんど覚えちゃいませんが、この店は十分美味いと思います。なにぶん超絶に独特の濃い味ですので人によっては駄目かもしれません。二郎とか御天とかよりは優しいですよ。

おまけとして、店主が結構フレンドリーでして、常連さんにはこっそりサービスとかしてくれるんですよ。
味玉とか、チャーシューとか。
一度のりをサービスしてもらったことがあるんですが、
のり10枚超は、どちらかといえば獄問です。

良い店ですよ。
[PR]
by syugyou003 | 2005-03-20 13:24 | くいだおれ日誌

銀座放浪記

飲み屋開拓計画第1弾。
今日のお店は『AZUMA G8』。

銀座マニアを引き連れていざ銀座へ。
「歩いていきましょう。今日は天気もいいですし。」
すごい強風でしたね
まぁ、勝鬨橋からの眺めは良かったんだけどさ。
b0002247_0444482.jpg


さて今日のお店は銀座8丁目、新橋の近くにあります。
とはいえこの辺は駅がたくさんあるので地図さえあればどこから出てきても問題ないとは思いますが、
地図があっても迷うので気をつけてください。

途中数々のスニーキングミッションを経てようやく目的の場所に辿り着く。
うお!暗い、暗いよ!
店内は暗く、カウンター上の微かな明かりがマイナス風味満点。趣向のこったテーブル配置にずらり並んだボトル、そしてバーテンと超カッコイイ。なんかめっちゃBARに来た的感覚に襲われます。育ちの悪い俺は俄然緊張してまいります。

さて料理。和洋風懐石とでもゆうべきか。鮭のムース、じゃがいもとチーズのスープ、フォアグラのポアレと大根、ブルーベリーサラダ、子牛のワイン蒸し、へぎそば
いやもうめっちゃ美味い。タイラーさん風に言うならば
「俺は料理のことはよくわからないけど、これも美味いよ」
特にフォアグラが、フォアグラが!
大根とあいまって、あぁもうスゲェ至福が俺の口の中を占拠するのさ!
カルガモ、俺のために肥えてくれてありがとう、って感じでしたさ。
へぎそばも面白いね。すごい弾力と海草の風味があって。これは美味しい。

そして酒。せっかくのBARなんでシェーカーでも振ってもらおうかと思ったんですが、
ついいつものクセで好みに走ってしまいましたとさ。
大地の酒ブッシュミルズに舌鼓。しかしバーの氷はやっぱり見(魅)事やね。スゲェ丸い。
BARで飲む酒はことさら美味く感じるのは、やはり雰囲気なんでしょうな。

総評。
料理は申し分なく、料金は驚くほど良心的(2人で1万ちょい)。とはいえ、酒をカパカパ呷る人はその分高くつくかと思いますが。料理の量も、俺には十分すぎるくらいでしたが飢餓民族の方には足りないかもしれません。
あと、バーテンダーさんの対応も良かったです。こっちのイメージを落としてカクテル作ってくれるのは、やっぱり良いですねぇ。
店内の薄暗い雰囲気はマイナス臭溢れムード満点で、クサレカップルの皆様にとってはきっと親密になれる空間を提供してくれるんでは無いかと思いますよ。ケッ
[PR]
by syugyou003 | 2005-03-19 23:56 | くいだおれ日誌

古本カレー

美味い飯屋は広めるべきだ。
というわけで今日はカレーのボンディのご紹介。
先週も一人で食ってきて、それを寮のダチに自慢したらすげぇ行きたがってたのでまた行くことに。

カレー激戦区神保町にあり、その中でもおそらく最も有名なボンディのカレー。
まず値段設定がすごい。カレー普通盛り、1,350円。
カレーにしては実に高い値段設定。大学時代にここの存在教えてもらってたけど、「カレーにそんなに払えるかよ」とか言って学生時代は行ったことなかったんですよな。
食べてみればわかる。相応だと。確かにこの味は、1,350円だと。
適当な飲み屋で酒数杯飲めば余裕で数千円飛んで行くことを考えれば、この満足感を得る代償としては随分安いと思うね。

さてこのボンディ、なかなか妙な場所にありまして。表通りから入るには古本屋の中を通って行かねばなりません。
裏通りから行けばすんなり入れることが昨日判明しましたが。
途中のらくろとか懐かしいを通り越して骨董品の域まで片足突っ込んだ漫画古本屋を通るので帰り道とか良く足を止めてまうんですよなー。

そして味について。俺個人的に、これまで食ってきたカレーの中で最もうまいと思ってます。
イメージは日本人に愛されるスタンダードなカレーを極限まで美味くしてみました、的な風味。甘口ソースに、スパイスが絶妙な辛味を添える(辛味の調整可能。ただしベースが甘い)。最近はインド風カレーの店を良く見るようになってきたので、なんかここまで真正面から日本のカレーで勝負している店には感動すら覚えますね。
そして何より手抜きが無い。具は出汁を取ったあとの抜け殻のようなものではなく、具材としての良さが生きたものが入っている。最初にチキンカレー食ったときはそのチキンの美味さに感動したものさ。ライスにはチーズが塗されているのも嬉しいポイント。
つけあわせで茹でたジャガイモが出てきまして、バターをつけて食うんですが、これがまた美味い。しかし食べ過ぎると間違いなく胃袋を圧迫するので注意が必要。

カレー好きに一度は行って欲しい店です。個人的にメニューはチキンカレーが一番オススメかな。
土曜の夜が思いのほか空いてることが判明しました。ちなみに昼に行くと大概行列が出来てるので注意が必要です。
[PR]
by syugyou003 | 2005-02-20 10:10 | くいだおれ日誌


TRPG好きの兼業イラストレーターがいろいろ書き連ねるブログです。生きてるって素晴らしい。素晴らしさを実感するためにご飯を食べよう。もりもり。ああおいしい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ひみつのいりぐち
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧