修行さん感 旧館

カテゴリ:くいだおれ日誌( 57 )

本郷とZさんち食い倒れ紀行

【どようび】
珍しく休日出勤。むちゃくちゃ暑かったのでビールが飲みたかった。
というわけで本郷に。
b0002247_215337.jpgリーズナブルでつまみがめちゃくちゃ美味い。いい酒も取り揃えてる、我々の間では鉄板の居酒屋。生ギネスも飲めるあたりが、なかなか好みが合う。

b0002247_2181560.jpgそういやはじめてここに来たとき、NATろんと同人やろうぜっていう話をみんなにしたような気がする。
打ち上げにも何度も使わせてもらって。

b0002247_2193298.jpg嫁と二人で初めて飲みに来たのもここだった。
つきあい始めてこの日で2周年。
相変わらず美味い。


【にちようび】
友人Zの家にお邪魔。何気に1年半ぶりくらいになるのか。
b0002247_21145254.jpgZ家の飼い猫、ペルゥもすげぇデカくなってて。超俺好み。
やっぱ抱き上げたときにいい感じの重量感があるのが良いよな。

b0002247_21201661.jpgそいで。Z謹製のの中華料理をいただく。
さすが、中国暮らしも短くないだけにいい感じの中国家庭料理。
昆虫博士だけにタガメとかそんなんでてこなくて助かった。
レミすけの作ってくれた角煮もうまかったなぁ。

そんなこんなで、こころにうつりゆくよしなしごとを話し合えば、お互いなんかいい感じに時間を過ごしてきてるなーって思えた。
俺とZはTRPGで出会ったわけだけど、最近は二人とも全然TRPGできてなくて。TRPGなくてもつながれる友人は良いなあと思いながらも、TRPGのカバー範囲の狭さを残念にも思った。
ディズニーはカップルで行っても、家族で行っても一人で行っても(多分)楽しいけれど、TRPGは知ってる奴同士じゃないとなかなか楽しめないってのが、なんか悔しい。
まあ、目指したい未来があるならそれに向けて努力をすべきで、その努力を怠っているのは俺だから、結果として悔しいのは俺のせいなんだろうけれども。
さて、しからば努力をしようか。より楽しい将来に向けて。

ごちそうさまでした。
[PR]
by syugyou003 | 2011-07-03 21:34 | くいだおれ日誌

腹砕き

杖技。腹系モンスター特効。

嫁が「二郎に言ってみたい!」とゆうので、全国の孤高のジロリアンにすまんとか言いつつ二郎に行ってきた。
つつじヶ丘の隣、オサレ街仙川にある「ラーメン二郎仙川店」へ。
行列は5人くらいとマイルド。オサレ街だけあってカップルも多く、親子もいた。ちょいと店員がイラっとしてる感じがしたのは気のせいか。まあ、気軽に行けるのはいい感じ。
鍋二郎とかいう危険極まりないフレーズには目もくれず小ラーメンをチョイス。

相変わらずどこらへんが小なのか。

嫁はハーフサイズ頼んでたんだけど、ぶっちゃけあんまりかわらねぇ。
食後にしっかりダメージが入るあたりが食べ物としてどうなのかと毎回思うんだけれども、またそれが良く、ふと気がつけばほしくなる、デンジャラス極まれるサムシング。

また食いに行こう。いや、次は鍋二郎か。
でも、とうぶんは、いい。
[PR]
by syugyou003 | 2011-06-18 21:41 | くいだおれ日誌

誕生祝

おめでとう俺。
ありがとう俺。

32歳になった。もう31も32も似たようなもんかもしれないけど。年を重ねているということは事実なので、しっかりと積み重ねていきたいよね。
一人暮らしから二人暮らしになり。ガラッと生活スタイルが変わったわけだけれども。それなりの準備期間を設けていたからか、思った以上に違和感はなかった。習慣が強力な作用をもたらすことを経験として実感できたのは大きな収穫だった。

b0002247_21402647.jpg連休の間の平日というなんともかったるい日だったにもかかわらず誕生祝の料理を作ってくれて。ささやかな誕生会。
10歳くらいからかな?ある程度大きくなってからは俺の誕生日なんざー「特に何をもたらすでもない日」と思っていたんだけれども。
「自らの成長を認識し、成長を喜ぶ日」に昇華してもらえたってのは、とてもありがたいことだよなあと思う。


b0002247_22573482.jpgこの1年で一番の変化といえば、人に感謝をするのが上手くなったことだろうか。こうしたプラスの変化をもたらしてくれる嫁さんには感謝してもしきれない。
一時期までは誕生日を祝ってもらうのが嫌で。目立てば叩かれる、次男坊の悲しい性質か、目立つことを良しとしない実家の習慣か(こんな性格になった原因についてはもっと分析すべきと思う)。とにかくこの難儀な性格のせいで、これまでたくさんの幸せを避けてきたのだと思うと、あまりにももったいない話だ。
記念日を祝うも祝わないも自由なのだけれども。祝ったほうが幸せが増える。人の感情とは、なんと素晴らしいものか。

これからもいろいろな形で幸せを作っていきたい。そう思える一日だった。
[PR]
by syugyou003 | 2011-05-06 21:08 | くいだおれ日誌

ぎま

最近、風来のシレン5をやっとるんですが、こいつがなかなか良い出来でして。
ユーザーインターフェイスはかゆいところに手が届く素晴らしい出来で。隠しダンジョンの難易度もマイルドかつ鬼畜に仕上がっておりまして。ついもう一回、もう一回(HANABI)とリトライを繰り返す毎日であります。
「人生の落とし穴」(レベルが一切上がらないおまけダンジョン)は99階制覇できたんですが、「原始に続く穴」(恒例のもっと不思議のダンジョン)がなかなかに厳しい仕上がり。50階踏破がいいところ。
毎度のことながらこのシリーズは「いかにあきらめないか」といった根性、集中力、判断力を養うには非常に良いゲェムだと思う。
ちなみにメインストーリーはハンバーグの横についてるインゲンみたいなものなので、決して期待してはいけない。

さておいて。今日ご紹介するのはぎま。GW1日目にお邪魔したつつじヶ丘の小料理屋。
家の近所にあるんだけど、「気にはなるんだけどなんとなく行ってなかった」お店。
あるよね?そういう店。あるんだよ。

沖縄料理をはじめとした日本料理を扱ってるんですが、これが思いのほか素晴らしい店で。

b0002247_17111444.jpgしまあじのお造り。見た目華やかなだけじゃなくて、新鮮でしっかり美味い。
これほど新鮮な刺身が食べられるならば盛り合わせとかにして色々楽しんだら良かったか。
まあ良い、もう一度いくまでだ。

b0002247_17121983.jpg寒鯖の塩焼き
すげえ脂が乗っててうまい。超美味い。まさに宇宙。セキシキメイカイハー!
嫁と取り合いながら食ってた。
セキシキメカイハー!

b0002247_17131512.jpg沖縄そば。この料理を作り出した沖縄に感謝したい。
こーれーぐーす(とうがらし)を後悔するくらいどかっと入れて食うのが好き。この日もちょっと後悔した。翌日は体から燃え上がる何かがエリアAを集中放火した。
一粒で二度美味しい。

地方の店としてはちょいとお高目。でも十分なコストパフォーマンスを感じられるほどに美味い。座敷席もあるので、ちょとした来客の際にも使えそう。
また行こう。そうしよう。

酒彩 ぎま 寿司 / つつじケ丘駅柴崎駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


[PR]
by syugyou003 | 2011-05-03 17:14 | くいだおれ日誌

デリリウムカフェレゼルブ3周年記念パーティ

「フゾンテ!」
ベルギー語で「乾杯」の意味なんだそうなんだけど、この一言は本当にすごい。
とりあえず言ってグラスを合わせるだけでみんなが仲良しになる。魔法のような言葉。
3/9、デリリウムカフェレゼルブ3周年記念パーティは、フゾンテ溢れる素晴らしいパーティだった。

デリリウムカフェレゼルブは昨年結婚式の二次会に使わせてもらって、今年の新年会の会場として使わせてもらった店。
ビールと料理と雰囲気がとにかく良い。
とりあえずパーティ開くってんでいろんな予定を置いといて参加。

すごかった。

b0002247_22475953.jpgいたるところにビール好きしかいねぇ。オクトーバーフェスとかもそうだけど、ビールの集まりってのはなんでこう面白い奴が集まってくるんだろうか。
知り合い3人でいったんだけど知り合いとか知り合いじゃないとか関係なく、「フゾンテ!」してその場で仲良くなって笑い合ってた。
名前は全然覚えてないけど顔と会話と楽しかったことはすごくよく覚えてる。ビール飲んでたら、また会えるだろうか。

b0002247_2249784.jpg実は飲み会とかそんなに得意じゃない(味は好きだけど酔うのはそんなに好きじゃない、とか思ってた)んだけど、ここまでプラスの作用を見せつけられると、認めざるを得ない。
ビールはすごい。酒はすごい。まさに万能言語。
英会話習うより、コイツでいかに仲良くなるかを学ぶほうが先にじゃないか。酔っ払いの戯言だとわかっていても、そう考えてしまうパワーがあった。
飲み放題っつーのをいいことに6~7杯くらい飲んだら翌日見事にガンキャノン状態(洋式トイレを前に、ガンキャノンの砲撃ポーズのようになっている状態。ヘブン状態とは多分あんまり関係ない)になった。
久しぶりだけど、爽快だった。仕事はポンコツだったけど。
一緒に行った友人らもトイレにこもったりとか大変なことになってたらしい。見あたんねーなーとかって帰ってしまった俺も俺だと思った。すまん。

直後に震災があって。全然日記をアップできなかったんだけど、このエネルギーは忘れたくなかったから、きちんと日記に残したかった。
被災者の方はそれどころじゃないってのはわかってるけど、元気なやつは、もっと元気になってサポートして引っ張っていかないとな。
人はすごい。集団になればさらにすごい力を持つ。大丈夫。負けないさ。

とりあえず5月に新宿のリトルデリリウムが1周年になるはずなので、期待して情報を待とう。
またいつか。フゾンテ!
[PR]
by syugyou003 | 2011-03-09 22:08 | くいだおれ日誌

まったり日曜日

何もないがある。これはすごく幸せなことだと思うんだよ。

b0002247_2319287.jpg今日は昼くらいから起きだしてブラブラ散歩。
油そばが食いたいってことで近所にある江川亭にお邪魔。
写真はラーメン。ラーメンはちょっといまいち。あっさり風ニンニク醤油に無理矢理背油乗っけた感じ。
油そばは油そばと思えないほどあっさり(嫁さんが食ってたのもらった)。ちょっと魚介風味で美味い。
とにかく近場にあるのはありがたい。なんだかんだ、中野より当たり多いなあ。


帰り道にカラオケ屋(おそらく駅近くで唯一)があったので寄ってみた。
ワンドリンク制一時間無料(以降、30分50円)。
ワンドリンクが300円だけどカラオケ館もかくや、ってお値段設定。すばらしい。歌広場にはちょい負けるか?
画面ブラウン管だし、お世辞にも綺麗とはいえないけど、全部DAMっぽいしマイクは有線だし、音響も悪くないのがいい(メンテのなってないワイヤレスマイクとか、スピーカー片方鳴ってませんとかたまにあるんだ)。
徒歩5分くらいのとこにあるので、ふと留守番する機会があったらまた利用しよう。

b0002247_23205316.jpg夕飯は火鍋が食いたくなったのでこれまた近場の台湾料理屋に。
赤さ、辛さは申し分なし。麻辣がよく効いてる。痺れる感じでね。ただ、若干肉類のお味が残念な感じ。
この店、ボリュウムとお値段はびっくりする感じ。隣のおっちゃんが食ってたマーボー丼、600円なのに横浜市場食堂とも戦えるくらいの量を誇ってて、いつか俺も挑戦せんといかんなぁと思った。丼が三合炊の釜みたいな、胃に潜む獣がざわつく、あの感覚。
問題は俺が決して若くはないことだな。


忙しい世の中。「何かしなきゃいけない」って追われるのも良いんだけど、「ゆっくりぶらぶらする」ってのも幸せな何かだね。
明日からも楽しく働いてこよう。水曜はビールを飲もう
[PR]
by syugyou003 | 2011-03-06 23:23 | くいだおれ日誌

千代二郎

千代作といえば俺が最も愛するラーメン屋ですが。
そんな千代作が新作ラーメンを作りました。


千代二郎


パクリやんけ。
まーそんなこといったら二郎リスペクト系とか言われるラーメン屋も言ってみればパクリなわけで。
消費者としては美味ければ良いのです。

食いたいなーと思ってはや1ヶ月くらい。
念願かなって食ってきました。

b0002247_16345274.jpg見た目は二郎。色、具材もほとんど二郎だけど、麺は横浜家系。
二郎特有の「ニンニク入れますか?」というやり取りもなく、問答無用でニンニク入ってる。それも大量に。その後の予定がある方はご注意を。
汚いものを見るような目で見られることに背徳的な快感に打ち震えるような人はとめたりしない。全力で今を生きるといい。

b0002247_16354481.jpg食ってみる。
うまい。想像よりも格段に美味い。
多分戸山ブラック(同店のラーメン)がベースなんだろうけど、味付けが独創的になっても元のラーメンがしっかりしてるだけにブレがない。二郎のうまさを取り入れた家系とんこつラーメンって感じ。かなりハイレベルにまとまってる。
二郎は「ラーメンというより、二郎という食べ物」と例えられるほど独創的ななにかなんだけど、千代二郎はしっかりラーメンしてる感じ。ゆえに、二郎ファンの人が二郎を期待して食べると「こんなん二郎じゃねぇ!」って思うかもしれない。でも、それはきっとお門違い。
ついでに、大量に盛られた野菜も美味い。決してインパクト付けるために盛られたおまけじゃない。
相変わらずここの親父は本当にラーメン好きなんだなぁと感心させられる。

というわけであっという間に完食。大盛りとか(多分)ないんだけど、デフォルトで大盛りくらいの量があるので、頼む際には注意(さすがに二郎の大盛りほどではないのでご安心を)。
うまいんだけど、最大の弱点は俺が最も愛するラーメン屋のいちメニュウであるという点。通常の千代作ラーメンを愛するあまり、店に行くときに葛藤せざるを得ない。
なやましい。

それにしても馬場は本当にラーメン屋が増えてきた。さかえ通り一番奥って立地は結構厳しいんだろうな。
俺にとっては遠出してでも食いたいと思える数少ないラーメン屋なので、がんばってほしいなぁ。
とりあえずまた行こう。ごちそうさまでした。

ラーメン千代作 ラーメン / 高田馬場駅下落合駅目白駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by syugyou003 | 2011-02-26 16:36 | くいだおれ日誌

伊勢参り

と聞くと『真夜中の弥次さん喜多さん』を思い出すのはおいといて。
予告どおり、3連休は名古屋→伊勢旅行にいってきた。
荒川良々はいなかった。

つづきはこちら
[PR]
by syugyou003 | 2011-02-14 19:40 | くいだおれ日誌

千駄ヶ谷ラーメン「御天」

東神田兄貴追悼企画。
兄貴の好きだったラーメン屋に行きたくなったので、わがまま言って行ってきた。

b0002247_18183265.jpg代々木から徒歩3分、明治通りにある長浜ラーメン屋「御天」。
かつて、兄貴と帽子屋の3人で駄弁った店。
なんであんな会合になったんだかはよく覚えてない。楽しかったのは覚えている。

b0002247_18194647.jpg関東のラーメン屋ではなかなか珍しいんではないかと思うくらいの細麺と超濃厚な豚骨スープが売りのラーメン屋。
駄目な人はとことん駄目だと思う。
でも、好きな人はきっと好き。
そんなラーメン屋。嫁さんも九州人の血を引いてるので、気に入ってくれた様子。
麺は基本カタ麺。ほんとに麺が細いので、ハリガネくらいがちょうどいい。
うまい。そして懐かしい。

昼時に行ったんだけど、結構繁盛してるみたいなので嬉しい限り。
また食いに行こう。
[PR]
by syugyou003 | 2011-01-29 18:21 | くいだおれ日誌

ひみつの小樽運河

俺が愛してやまない北海道料理屋「小樽運河」。
年賀状が昔の部署に届いていて、久しぶりに行きたいなーって思って、2年ぶりくらいに行ってきた。
場所は新橋から変わってる上、完全予約制なので注意。

相変わらず、ビールはセルフサービスとか、フリーダム感は異常。
ママさんもスキあらば猥談に持っていくので、油断ならない。
「この日本酒はおっぱい出したくなるくらい美味い」とか、もはや日本語として成り立ってない。
たまにほんとに飲食店なのかよくわからなくなってくる。

んが。毎度ながら素材の良さは絶品。
b0002247_15484222.jpgボタン海老。
でかさが半端ない。
醤油も一切付けずにいただく。すげぇ甘い。味噌の部分もほとんど臭みが無くて美味かった。

b0002247_15523849.jpgサクラマス。
あんまり食ったこと無いんだけど、結構な高級魚らしい。
これがすごい、上品で濃厚な味わいを持ったマス、というべきか、非常に洗練された旨みをもったサケ、と表現すべきか。「うまーいッ!説明不要ッ!」と言った方が早いか。

b0002247_15562410.jpg牡蠣。
ここまで臭みの無い牡蠣を食ったのは生まれて初めてかもしれない。甘さ、美味さしかない。

b0002247_15583652.jpg鮪。
俺がこれまで食ってきたマグロはなんだったんだ?と思える味わい。これもまた、とろけるように甘い。誇張表現じゃなくてほんとに。
高級寿司屋のネタになれるレベル。ここのママさんはいつもどこでこんなん仕入れてくるんだろうか。

ほかにも、たこ刺し、毛ガニ、ウニ、イクラ、ホッケとか。海産物中心に堪能させてもらった。俺が魚好きだってのも覚えててくれて、嬉しい限り。いつも思うんだけど、ここで出すのは料理、というより、最も美味しく食すための最低限の手間を加えて素材を食わせてくれる店、なんだな。
決して安くはないけれども、客に美味いものを食わせるためにものすごく一生懸命になってくれる店なので、これからも贔屓にしていきたいなぁ。
次はなんとしてもジンギスカンを食いに行こう。そうしよう。
[PR]
by syugyou003 | 2011-01-28 23:11 | くいだおれ日誌


TRPG好きの兼業イラストレーターがいろいろ書き連ねるブログです。生きてるって素晴らしい。素晴らしさを実感するためにご飯を食べよう。もりもり。ああおいしい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
ひみつのいりぐち
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧