修行さん感 旧館

猫堀骨董店

猫にいやらしいことをする店ではありません。

はてさて本日はダイナマイトしゃかりきサーカス猫堀骨董店を見てまいりました。
伊藤えん魔さんが客演するという理由だけでずーっとチェックしてたのですな。
「記憶」を売買する骨董品店を舞台に、BGMも効果音もすべてアカペラで行われるというこの舞台。
ミュージカルといえば先日の夏の夜の夢が大当たりだったんで期待しながら見に行った次第でありますよ。

感想。
ムチャクチャ楽しかった。
大当たり。

ここまで行く芝居行く芝居が当たりまくるとなんだか怖くなってくるっスね。はっはっは。

ある青年が猫堀骨董店に売ったものを返してもらいにやってくる。
しかし何を売ったのか思い出せない。
なぜなら、それは彼の「記憶」そのものだから・・・
そんなストーリー。

前編ミュージカルで賑やかに、時に不可思議で、時に物悲しく、時に残酷に。
そして全体にどことなく漂う幻想的で不気味な雰囲気。
見事です。
あとで気付いたんですけど、「夏の夜の夢」の翻訳をなさった方が猫堀の作・演出を手がけてらっしゃったそうで。これからはTAKE IT EASY!も要チェックだ!
結局また関西かよ!(笑)

ちなみにえん魔さんは骨董店の主の役でした。インテル・ダークサイド。
昨年の公演ではコング桑田さんだったようです。
物販スペースではブルドッグショウがズラリと並べられてました。
世も末ですな。

さて来週はIQ5000の「故意に愛する時、遭いに恋する時」
来月はファントマ「サイボーグ侍」
どうやら楽しめそうだぜ。(忍者不知火風)
[PR]
by syugyou003 | 2005-09-25 21:13 | 雑記
<< 開け、冥界の霊柩 拾得物陳列罪 >>


TRPG好きの兼業イラストレーターがいろいろ書き連ねるブログです。生きてるって素晴らしい。素晴らしさを実感するためにご飯を食べよう。もりもり。ああおいしい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
ひみつのいりぐち
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧