修行さん感 旧館

がつ大好きウィスキー

最近読んだ本。
『もしぼくらの言葉がウィスキーであったなら』
村上春樹著の旅行記です。

村上さんの、ウィスキーをテーマにしたアイラ島・アイルランド巡礼の旅を綴ったエッセイ。
いやもうめっちゃいいです。すげーウィスキー飲みたくなります。すげー旅行したくなります。もともとウィスキー好きなんで読んでみたんですが、これはウィスキー飲まない人やそもそも酒を飲まない人にも(むしろ)オススメしたい逸品ですね。さっくり読めるし。
体質的に酒を飲めない人は悶絶するかもしれないので読まない方が良いかもしれません。
いやー。いい本やわー。

俺はアイリッシュウィスキーが好きなんですが、なんでか?と考えてみました。
素朴ながらに力強い大地の味がするから?いや、そうなんですけど、そもそもの切欠もまた本だったように思います。
左近君に薦められた『マティーニに懺悔を』という小説にベンソン神父という人物がいるのですが、彼はアイルランド出身の神父でありながら赤ワインよりブッシュミルズを好み、裏拳で暴漢を吹き飛ばすほどの荒ぶり神父なのでございます(うろ覚え)。彼に感化されて、アイリッシュ飲むようになって、結局好きになった感が強いっスかね。
小説の内容としては、酒をテーマにした短編バトル小説集です。気になる方はどうぞ。

良い入門酒本としましては漫画『BARレモンハート』ですかね。小話と一緒に酒を紹介してくれるので、ストーリーと共に酒を覚えていける。あとは飲んでそのストーリーを反芻するだけ。入門書としてはそこいらの酒図鑑よりもよっぽど良い漫画です。是非お試しあれ。

これら本の導きにより、俺は酒を楽しむ趣味を身につけ、今に至るんであろうと思いますね。
色々飲んだ結果、俺の好きな酒は
ギネス(スタウト)
ビーフィーター(ジン)
ブッシュミルズ(アイリッシュ・ウィスキー)
メーカーズマーク(バーボン・ウィスキー)

てなとこすかね。やはりそれぞれに思い入れのある酒ばかりです。
あとこれら酒の好きな点は、安いこと。金の無い学生時代は「高い酒は美味くて当然、安くて美味い酒こそが良い酒だ」と自分に言い聞かせておりましたゆえ。これはレモンハートのマスターの「良いワイン選びのポイント」なんですけどね。
ま、甘過ぎなければ大概の酒は好きです。
逆にあまりカクテルにはハマらなかったなぁ。BARとかでもついついウィスキーを飲んでしまう。
せっかくバーテンさんがいるのにねぇ。

とりあえず俺にしては珍しく海外旅行がしたくなりました。
アイルランド行きてぇー。
[PR]
by syugyou003 | 2005-05-29 18:40 | 雑記
<< 苦行さん アヤカシネタ >>


TRPG好きの兼業イラストレーターがいろいろ書き連ねるブログです。生きてるって素晴らしい。素晴らしさを実感するためにご飯を食べよう。もりもり。ああおいしい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ひみつのいりぐち
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧